この原稿に向かいながら、RIO2016を録画観戦しています。
かなり前の話で恐縮ですが・・・・

ただいま、まさに「ながら原稿」にて「陸上男子400mリレー」の決勝戦を観ながら、興奮して思わずマウストスしてしまいました。

ともかく、前代未聞…これまで生きてきた中で、オリンピック観戦の中で、しかも陸上短距離で銀メダルを得る瞬間に居合わせた喜びというか、幸せというか、興奮というか。筆舌に難しとは言いながらも、なんとかして文章に留めておかなければならない…そんな使命さえ感じてしまうのは、私だけでしょうか?

私自身は陸上関係者でもなく、経験者でもなく、ただ、小学生の頃に多少皆より足が速かったので、ズッーっとリレー選手であったことくらいが、関係性といえば関係性です。ただ、褒められたものでもなく、したがって、ここオリンピックレベルのことを記すべき原稿におこがましい限りです。

話題を戻して、この400mリレーに名を連ねた4人の名前と顔を忘れることはできないでしょう。いや、しかしビデオで何度となく見なおしても、見飽きることがない、良い映像です。バトンパスワークの妙だとか、技術的な話題はここには馴染まない、とにかく驚きと感動をわが国内だけではなく、全世界に発信したものと信じています。

陸上男子400mリレー銀メダル。今日という今日を私は忘れない。

興奮をありがとう!